CBDはアンチエイジング効果がある?

CBDは年アンチエイジング効果もあります。

 

例えば、体内の酸化、糖化を防いで「くすみ」や「しみ」などの肌トラブルを改善したり、
肌のターンオーバーを促し、古い角質を除去してすべすべの肌にする効果があるとされています。

 

2つの効能を順番にご説明していきましょう。

 

まず、酸化とは加齢やストレス、喫煙、日焼けなどによって体内に活性酸素が蓄積されて、金属のように身体を錆びつかせる現象です。

 

肌の酸化が進むとくすみやしみ、しわ、たるみが現れます。

 

酸化を防ぐ方法として、美容液や保湿の高いクリームなどでのケア、また、抗酸化作用の高いビタミンCやビタミンEを含む食品やサプリを摂取するなどがありますが、実はCBDにはビタミンCやビタミンEより高い抗酸化作用があり、身体の酸化を防いでくれます。

 

糖化とは、体内で使われることのない余分な糖質がたんぱく質などと結びついて細胞を劣化させる現象のことで、糖化が進むとコラーゲンの働きが抑えられ肌の弾力が失われたり、肌がくすんできたりします。

CBDには抗糖化作用もあり、体内の糖化を抑制したり、糖化した細胞を元に戻してくれる働きもあります。

 

CBDは、年齢肌の原因となる酸化と糖化、両方を防ぐ効果があると言われています。

 

また、CBDには肌のターンオーバーのサイクルを正常に戻す効果もあります。

 

肌の角質層は、定期的な周期で、新しい角質が生まれると古い角質が自然に剥がれ落ちるという新陳代謝を繰り返しており、これを肌のターンオーバーといいます。

 

 

加齢によってターンオーバーのサイクルが乱れ始めると、新しい角質がなかなか生まれず、古い角質がいつまでも肌表面に残ることになり、肌がごわごわ、ザラザラしてきます。

 

また古い角質が残っていることで新しい角質がより生まれにくくなり、さらに肌の状態が悪化します。

 

そんなお肌に直接CBDオイルを塗ると、肌の免疫システムを活性化させてターンオーバーのサイクルを正常に戻してくれます。

 

古い角質が自然に剥がれつるつるのお肌に導いてくれるのです。

Contact

CBD(カンナビジオール)を配合した商品に関するお問い合わせ、
法人様からのお問い合わせはこちら。