CBD入りグミについて…

2021.05.21

グミについて話しましょう!

 

こんにちは。

California Trading Company です。

今日は、CBD入りグミについていくつかご紹介したいと思います。

まず、THC入りのグミでもたくさん種類があり、マリファナが合法な州だと安易に手に入ります。

このようにTHCが500mgや600mg入っているものが豊富にあります。

但し!!マリファナを経験ない人にとって、この500mgや600mgという数字はかなり危険な数字だという事を認識してください。

マリファナを習慣性としている方にとってはなんてことはない分量かもしれません。
しかし、とても危険です。
人によって症状がそれぞれですが、以下のような症状が現れます。

※ふわふわして感覚が鈍くなる
※楽しくなる
※めまいがする
※嘔吐
※歩けない
※ろれつが回らなくなる
※心拍数増加
※現実感が薄れる
※記憶障害
※反射神経が鈍くなる

などが挙げられます。

人によっては、たった一粒のグミでさえも上記のような症状が現れる人もいるのです。

可愛らしいパッケージで、小さな一粒なので・・・と思うかもしれませんが、
とても怖いお菓子だという事を認識して下さい。

興味本意で購入し、たまたまテーブルの上に置いていて、
それを子供やペットが一粒ぺろりと口にしてしまった事を想像すると
本当に怖いです💦

日本に出回っているTHCゼロ(0%)、CBD入りと記載されていても、

本当にそれが事実なのかどうか?は実際に作られた工場から分析表を入手するか(その分析表も定かでない事もあります)、

または、第三者へ依頼して実物を分析してもらうありません。

 

私は輸出入業という職業を初めて、改めて輸出入の大切さを実感しました。

 

日本に安易に輸入する事はとても危険で、日本国民の皆さんの健康を損なう原料や食料を輸入してしまうことは

輸入者の責任です。

なので、しっかり成分を確認して、正しい処理を行っている工場、生産者であるかどうか?をしっかり輸入元が

見極めたものを世に出すべきだと認識しております。

 

特に、CBDが1000mg以上入っている濃度が高めの物は、第3者へ分析確認の依頼をして確認すべきだと思います。

 

因みに、CBD California Trading Companyが取り扱っているCBD入りグミは、マリファナや麻由来のグミではなくオレンジピールなどから取ったテルペンを化学合成してCBDにしたものです。

という事は、THCが入りようがないという事です。

 

CBDを試してみたいけど、マリファナや麻から由来だとちょっと勇気がいる・・・

と思いながらも、CBDに興味がある。

ちょっと、最近疲れているから試してみたいとは思っているが怖い。

などなど、CBDを体感したいと思う方は是非、こちらの商品をお勧めします。

こちらは安心安全なので是非皆さんの手に渡ってほしい商品です。

CBD California Trading Company

 

Contact

CBD(カンナビジオール)を配合した商品に関するお問い合わせ、
法人様からのお問い合わせはこちら。